子供の食事は妊娠中から|妊婦さんや不妊治療をお考えの方は食事や鍼灸院について考えるべき

子供の食事は妊娠中から

和食

食育は妊娠中から

妊娠中からすでに育児は始まっています。育児の基本は健康と成長に良い食事に気を遣うこと。妊娠中だけではなく、これからの育児も見据えて食事を捉えることが大切です。そのため、妊娠する前からから栄養バランスのとれた食事について考える必要があります。

バランスのとれた健康な食事のために

バランスが必要なことは、皆様もご理解できたことでしょう。しかし、食事だけで栄養を摂取することは不可能といってよいぐらい困難なことです。ですから、栄養を補うために、栄養補助食品について考えることも大切です。妊婦から子供、お年寄りにいたるまで安心してとることができる栄養補助食品を選ぶことが大切です。

食品にも気を付けましょう

妊婦の食事には、避けるべき食材を知ることも重要です。普段の食事では気にならないような食材でも、妊娠中の場合は大きな影響を与えてしまう可能性があります。気を付けるべき食品について学びましょう。

避けるべき食品リスト

お酒

妊娠中に避けるべき食品の、まず第一に挙げられるのは「お酒」です。妊婦の体と胎児は胎盤を通して繋がっています。そのため、お酒に含まれるアルコールが胎児にも重大な悪影響を与えてしまう危険性があるのです。妊娠中は絶対に飲酒を避けましょう。

コーヒー

「コーヒー」に含まれている多量のカフェインは、胎児に強い刺激を与えてします危険性があります。妊娠中はコーヒーやお茶などは、なるべく控えるようにしましょう。一日一杯か二杯に留めるか、カフェインレスのコーヒーを飲むようにしましょう。

レバー

「レバー」は妊娠中にも必要となる鉄分を多く含む優秀な食材ですが、過剰摂取になりやすいビタミンAも多量に含んでいます。ビタミンAの過剰摂取は、胎児の形成異常などを誘発します。そのため、なるべく少量に抑えることを意識しておきましょう。

栄養ドリンク

「栄養ドリンク」も避けるべき食品です。何かと栄養が不足しがちな妊娠中には、栄養ドリンクが適しているのではないかと思われがちです。しかし、栄養ドリンクはカフェインやアルコールなど刺激の強い成分を多量に含んでいます。絶対に避けましょう。

生もの

妊婦が避けるべき特に危険な食材が「生もの」です。普段は問題にならない食材でも、生肉や生魚に付着している菌は、胎児に深刻な感染症を引き起こします。また妊娠中は体も弱っているので、食中毒の危険も普段以上になっています。絶対に避けましょう。

広告募集中