妊娠中に取るべき栄養|妊婦さんや不妊治療をお考えの方は食事や鍼灸院について考えるべき

妊娠中に摂るべき食事とは

妊娠中には、特に食事に気を付けなければなりません。母と子、どちらの健康を守るために、身体に良い食事をとりましょう。この記事では、妊婦がとるべき栄養をランキング形式で紹介しています。ご参考にしてください。

妊娠中に大切な栄養ランキング

no.1

葉酸

妊娠中に大切な栄養ランキングの一位は「葉酸」です。葉酸は細胞を作るビタミンの一つで、妊婦さんに欠かせない栄養素となっています。妊娠中だけでなく、産後も摂取する必要があります。

no.2

カルシウム

妊娠中に大切な栄養ランキングの一位は「カルシウム」です。丈夫な骨や歯を作るために必要なのがカルシウム。また、カルシウム不足はイライラにもつながり、妊婦のイライラは赤ちゃんにも悪い影響をあたえてしまうので、多めに摂取するようにしましょう。

no.3

鉄分

ランキングの第三位は「鉄分」です。健康な体には血液も重要。特に妊娠中は赤ちゃんとへその緒を通じて、血液が送られ栄養を運んでいます。特に胎児が大きくなってくると、普段の2倍以上の鉄分が必要であると指摘されています。植物に含まれる鉄分は単体では吸収されにくいので、ビタミンCなども一緒に摂取するようにしましょう。

no.4

ビタミンB

ビタミンの摂取も重要です。特につわりの症状を和らげるビタミンB6は積極的に摂取すると良いでしょう。また、逆に注意すべきこととして、ビタミンB12は過剰摂取しやすく、葉酸ともにその影響で胎児が自閉症になる確立を上げるといわれています。栄養を摂るときはバランスも考えましょう。

no.5

マグネシウム

ランキングもいよいよ最後、第五位のマグネシウムも重要な要素です。マグネシウムは、タンパク質の合成やエネルギーの調整に必要な栄養です。またカルシウムは、マグネシウムとバランスよく取らないとうまく吸収されません。なので丈夫な骨を作るためには、マグネシウムの摂取も必要です。

妊娠中に取るべき栄養

食事

栄養はバランスが重要

ランキングで挙げたカルシウム、鉄分、マグネシウムなどもミネラルの一種です。ミネラルは特に不足しやすい栄養素です。「国民栄養調査」によると、ミネラルは常に不足しており、目標数値に達成したことは一度もないことが確認されています。そのため妊婦の皆さんは、特にミネラルを意識的に摂取する必要があるのです。

栄養はバランスも重要

栄養を摂取するときには、栄養の量だけではなく、栄養のバランスも重要です。不足している場合だけではなく、過剰に摂取することも大変に危険です。また、特にカルシウムとマグネシウムのように、ミネラルはバランスよく取らないと吸収されにくい性質を持っています。最適なバランスで摂取することを意識しましょう。

摂取の仕方も重要

栄養をバランス良く摂取するためには、摂取の仕方も重要です。栄養が豊富な食材であっても熱に弱かったり、他の栄養が多すぎたりして、通常の食事では効率的に栄養を摂れないこともあります。なので、不足しやすい栄養素をバランスよく補うために、栄養補助食品などの使用も考慮に入れておきましょう。

広告募集中