妊娠のために体外受精を|妊婦さんや不妊治療をお考えの方は食事や鍼灸院について考えるべき

体外受精とは何か

妊娠の可能性を高めることが出来る方法として、体外受精は大きな選択肢です。体外受精と聞くと、あまり耳慣れず、危険なのではないかと誤ったイメージを持っている人も多くいます。しかし、そんな心配はいりません。体外受精の仕組みとメリットを正確に理解して、安心して治療に臨みましょう。

体外受精の仕組みとは

まずはカウンセリング

体外受精のために、まず必要な手順はカウンセリングです。大切な命と生活に係わる妊娠医療では、ご夫婦の現在の状況や今後の見通しも含めて、万全にサポートが必要です。そのため、最適なケアを行うために、お二人の希望を聞いてもらい最適な治療方法を提案してもらいましょう。

卵子を採取します

まずは特別な方法で卵巣を刺激することで、いくつかの卵子を育てます。そして卵子を採取します。細い針を使用して、卵子を吸引することで採取することが一般的な方法です。とても細い針と麻酔を併用するので、まったく痛みはなく、採取は短時間で終わるため、入院の必要などもありません。

あずかった卵子を受精させる

次に実際にあずかった卵子を、専門のスタッフが受精させる作業に入ります。卵子は培養皿のなかで培養され、最適な状態に調整された精子をかけるか、顕微鏡で確認しながら直接卵子に精子を注入する二通りの方法があります。それぞれのメリットと選択は、事前に説明を受けられるので安心です。

卵子の培養状態を観察

受精させた卵子は、そのあとインキュベーターという培養専用の器のなかで発育を待ち、経過状態を観察します。無事に受精卵の発育が確認したあとは、子宮への移植に備えます。この期間は、早ければ2日、遅くても5日までには終わることが一般的です。

子宮への移植

受精が確認できたら、いよいよ子宮への移植治療に入ります。また妊娠の確立をより高めるために、受精卵の殻にあたる部分を開く施術を行います。また一度の移植では妊娠できなかった時のために、受精卵を冷凍保存しておくこともできます。

妊娠のために体外受精を

顕微鏡

体外受精は安全な治療法

かつては体外受精というと、大変な手術なのではないかと思ったり、試験管ベビーと呼ばれていたことから不自然な妊娠というイメージを抱いている人もいたりしました。しかし、それは完全に間違いです。体外受精は、痛みもなく安全であり、いまでは多くの方が赤ちゃんを授かることができています。

体外受精はどのような場合に有効か

体外受精を受けるためには、条件が必要です。女性側の場合は卵管が閉塞してしまい卵子を運ぶ機能が乏しい、男性の場合は精子無力症などにより受精が困難であることなどです。これらの問題を抱えている方は、他の方法では効果がでにくいことが多いのです。そのため、体外受精は他の不妊治療では効果が出なかった人に有効である可能性が高いのです。

良いクリニックを選ぶことが重要

体外受精は不妊治療の方法の一つです。ご夫婦の現在の状況をしっかりと踏まえた上で、体外受精以外の選択肢を含めて、最適な治療方法を提案してくれるクリニックを選ぶと、さらによいでしょう。そのためにも、不妊治療の実績が高く、個別の対応に定評あるクリックを選びましょう。特に大阪では不妊治療に強く、体外受精に関して優れた実績をもつクリニックが多いと評判のようです。

広告募集中